一言主神社
  • からくり綱火
  • 奉賛金募集案内
  • 神社基礎知識
  • 命名・家相
  • 干支絵馬コンクール
  • 一言主神社ギャラリー
  • 月刊神道雑学・月刊神様紹介
  • 震災復興支援
  • 求人案内
  • リンク

人生儀礼

古来より、日本の伝統行事の一つとして人生儀礼があります。日本人は人生の節目ごとに 家族で祝い、又これまでの無事を感謝して氏神様や崇敬する神社でご祈願をする生活を営んできました。 そうした日本の伝統行事である人生儀礼を順にご紹介いたします。

着帯の祝い ~安産祈願~

安産祈願神様の恵みをいただいて授かった尊い生命に感謝し、胎児の健全な発育を願い、妊婦が腹帯 ( 岩田帯 ) を締めるお祝いです。母子共に安定期を迎える5ヶ月目の戌(いぬ)の日に、赤ちゃんの無事出産と母体の健全を祈願するものです。戌の日を選ぶのは、犬は出産が軽く沢山の子を産み良く育つということにあやかろうとするものです。用意した腹帯(両親や病院からいただく場合もある)を神社に持参し、お祓いを受けて帯を締めるのが一般的ですが、事前に腹帯を締めて参拝される場合もあります。

出生・誕生 ~命名~

命名生まれた赤ちゃんに名前を付けることを『命名』・『名付け』といい一般的には、出生後7日目のお七夜に付けるのが習わしです。なぜ7日目に名付けをするのかは、諸説ありますが、一つには7日が産婦の忌みのはれる第一段階で、産児が初めて外出して家の神や釜戸の神にお参りする地方があることなどに関係があるのではないでしょうか。名前が決まったら市販の命名の用紙や奉書紙・半紙などの白い紙に名前を書き神棚にお供えしたり、床の間に飾ったりします。

お宮参り ~初宮祈願~

お宮参り無事出産の加護に感謝しこれからも健やかに成長するように初めてお宮参りすることをいいます。地方によって多少違いはありますが、男児は生後31日目(または32日目)、女児は33日目にお参りするのが通例です。赤ちゃんの体調も考えてあまり日数にこだわらずに、参拝されるのがよいでしょう。初宮参りには、一般的に母方から贈られた祝い着を着せて、夫の母が抱いて参拝するのが習わしですが、最近では、こういった習慣にこだわらない方が増えています。

お食い初め・[百日(ももか)のお祝い]

お食い初め一生食べ物に不自由しないようにとの願いを込め、誕生した子供に初めて食べ物を与える(まねをする)儀式です。地方により違いがありますが、生後100日または120日目に行います。この頃に子供に歯が生え始めることから、その成長を祝う意味もあるのです。新しい茶碗や汁碗、お皿などに赤飯と尾頭付きの魚、子供の歯が石のように堅く丈夫になるようにと、小石が添えられる事もあるようです。

七歳・五歳・三歳 ~七五三詣~

七五三子供の成長と健康を感謝し、今後の健やかな成長を祈念するものです。古くは公卿や武家の間で、男女3歳で髪置、男子5歳で袴着、女子7歳で紐解と称した御祝いの儀礼です。その歳に当たる子供に晴れ着を着せて11月15日に神社に参拝しお祝いする儀礼となりました。本来は数え年でお祝いしますが、今では満年齢で行う方も増えてきました。又、参拝日も15日にこだわらずその前後の都合のよい日に参拝される方が多くなりました。

十三参り ~十三歳詣~

十三参りかつては、13~15歳というのは成年式が行われる年齢でした。この時期は、男女ともに精神的・肉体的に子供から大人へと移り変わる大切な節目です。数え13歳は厄年(廻り年)にあたり、旧暦の3月13日に、知恵と福徳を授けていただくために神様にお参りする行事でした。別名「知恵もらい」とも呼ばれています。大人として生きていくための知恵を授かるようにお参りするのが十三参りと伝えられています。

入学・卒業・就職の報告 ~学業成就・進学成就・就職祈願~

入学成長に合わせた人生儀礼の他に、生活環境が変わる時も、人生の大きな節目であり、その節目に神社にお参りしてご加護をいただき、無事に過ごせるよう祈念します。入学試験や就職試験の際に神々の御加護で実力が十分発揮できるように合格祈願をし、入学や卒業時には感謝の奉告のお参りをしましょう。

成人式 ~成人祝~

成人式満20才になると、法律上でも責任ある一人前の成人として扱われます。この成人に達した人を祝う式が「成人式」です。古くは男子の元服、女子の裳着とされ大人の仲間入りとなります。成人式を祝うと共に、神社に参拝し今後の健康を御祈り致します。

結婚 ~神前結婚式~

結婚式結婚は人生最大の重義です。良い家庭を築くため、互いを尊重し新生活をスタートすることを神様に御報告し、神前で誓い合います。

厄祓い ~厄除祈願~

厄年(やくどし)は、災難をこうむる恐ろしい時期というように、「厄」には「苦しい・ 災い」などの意味があり、「厄年」は文字通り「苦しい年・災いの年」とされ、昔の習俗・ 俗信では、ケガや病気などの厄災(縁起の悪い事)は怨霊や物の怪によってもたらされると信じられていたようです。

このことは、現代の日本人においても、迷信として軽視することなく、人生の転換期に達したことを認知して、更なる飛躍がもたらされることを願い、慎みの中にも精進を重ねて、生成発展を続けているのです。
そして、社会的・身体的に転換を迎える節目節目では体調管理をしっかりするようにとの祖先からの戒めがこめられていると考え、忌(い)み慎(つつし)むべき、年として行われています。

厄年の年齢は、男性25才・42才・61才、女性19才・33才・37才・61才、幼児4歳の男女が本厄にあたります。また、その前後を前厄(まえやく)・後厄(あとやく)と言い、 男性42才・女性33才が大厄(たいやく)になります。
これらの年は人生の大きな節目なので、ご神意(しんい)をいただいて、「清く明るく正しく」それぞれの本業に努めるため、神社などへお参りして厄祓いをお願いします。

※厄年早見表はこちらをご覧ください。 >>

年祝い[算賀(さんが)]の祝い

年祝いは長寿のお祝いで、算賀(さんが)、年賀(ねんが)、賀(が)の祝いとも称します。「算は年を数えることから年齢を意味します。因みに、天皇の年齢を宝算(ほうさん)・聖算(せいさん)といいます。

還暦の他に

などがあります。
これらの歳には、無事に人生を送れた事への感謝と喜びを神様にご報告し、家族そろって御祝い致しましょう。

このページのトップへ戻る

日本の年中行事

美しい自然や四季に恵まれた日本には、昔から多くの季節事の行事があります。
これらの行事は日本の自然風土、四季の特色を生かした暮らし方、生活の知恵、生活習慣など様々なものが長い年月にわたって蓄積されてできた「日本の暮らしの文化」でもあります。そして先祖から受け継いだ伝統文化を次の世代に継承するためにも、大切に守ってそだてていかなければなりません。
そうした日本の年中行事のいくつかを順にご紹介いたします。

お正月(おしょうがつ)

お正月正月は家に歳神を迎えてその年の豊作を祈る「神祭り」として、祝う行事であり、1月の別名です。現在は、1月1日から1月3日までを三が日、1月7日までを松の内、この期間を「正月」と言っています。地方によっては1月20日までを正月とするところもあります。
また、現在のようなお正月の行事(門松やしめ飾り、鏡餅などを飾ること)が浸透したのは、江戸時代に入り庶民にも手軽に物品が手に入るようになってからのようです。そして、このような行事は、日本の中で最も古くから存在するものだと言われています。

七草粥(ななくさがゆ)

七草粥七草粥とは、人日の節句(じんじつのせっく)の朝に食べる行事食です。「人日」とは、五節句の1番目の節句で、陰暦1月7日のことを言います。
お正月最後のこの日は、七草粥を食べて1年の豊作と無病息災を願います。旬の生き生きした植物である七草を粥にして食べれば、自然界から新たな生命力をもらえ、無病息災で長生きができるとされていました。丁寧に細かく刻まれた七草粥は、正月のご馳走に疲れた胃腸を、いたわり、ビタミンを補う効果もあります。
地方によって、多少異なりますが七草は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロが一般的です。

節分(せつぶん)

「節分」は、「せち分かれ」とも言い、本来季節の変わり目、すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉です。特に現在は立春の前日(2月3日)を「節分」と言い、豆をまいて悪疫退散や招福の行事が室町時代から行われています。
豆まきには、悪魔のような鬼の目"魔目(まめ)"にめがけて豆を投げれば"魔滅(まめ)"すなわち魔が滅するという意味があると考えられています。豆は鬼を払う道具でありながら、鬼そのものと捉えられていたようです。そのため、節分の豆まきの際は鬼である豆を家の外に投げながら「鬼は外」と唱えます。

初午(はつうま)

初午(はつうま)とは、2月最初の午の日を指していいます。京都の伏見稲荷大社の神が降りた日とされ、全国各地にある稲荷神社にお参りし、開運、福徳、商売繁盛を祈願します。もともと稲荷神社のお祭りで、稲荷とは「いねなり」の意味から、五穀をつかさどる「倉稲魂命」(うかのみたまのみこと)が祀られており、豊作を祈ります。
また、地方によっては、この初午の日を蚕や牛馬の祭日とするところもあります。

雛祭り(ひなまつり)

雛祭り女の子が産まれて始めての節句を「上巳の節句(じょうしのせっく)」と言います。「上巳」は3月3日にあたり、桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」と言われ、桃などの自然の生命力をもらうなどして厄災を祓います。
また最近では、女の子の誕生と成長を祝う「雛祭り」として一般に浸透しています。もとは「流しびな」と言って、季節の変わり目に不幸を払う意味で、自分の身代りに紙で作った「おひなさま」を川に流したそうです。
現在では、嫁方の親が子供の身代わりとなって災いが降りかからない様に、という思いが込められて雛人形を贈るようです。

花まつり

仏教の開祖、釈迦の生誕日(4月8日)を祝福する仏教行事です。潅仏会(かんぶつえ)仏生会(ぶっしょうえ)といい、「花祭り」は明治以降の名称です。日本では推古天皇代(606)、聖徳太子の提唱により元興寺で行われたのが最初です。
この日、各寺には花で飾った小堂、花御堂(はなみどう)がつくられます。金属製の幼仏像をその中にまつり、甘茶を3回その誕生仏の頭からそそいで拝みます。甘茶を潅(そそ)ぐ行事なので「潅仏会」と言います。

大祓(おおはらえ)

大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを、祓い清めることを目的としています。この行事は「記紀神話」に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらい)を起源とし、現在は、多くの神社の恒例式となっています。
年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓いする人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。
また、十二月の大祓は「年越しの祓」とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。

七夕(たなばた)

七夕七夕(たなばた)とは「7月7日の夕方」を意味しています。七夕行事は、中国に古くから伝わる牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)星の伝説から発達した乞巧奠(きこうでん)の行事に、日本古来の棚機津女(たなばたなつめ)の信仰が混ざり合って形成されたものでした。7月7日は、織姫と彦星が逢瀬を重ねる星を見守る日として知られています。この日、芸技が上達するように、出会いがありますようにという願いを詩歌にした短冊を竿竹にくくりつけると祈りが届くとされています。
また、この時期はお盆(旧7月15日)を迎えるための準備(七夕盆)としての意味をもち、畑作の収穫祭を祝う祭りが人々の間で行われていました。この時、健康を祈り素麺の元となったお菓子「索餅(さくべい)」が食べられていました。

祇園祭(ぎおんさい)

祇園祭は京都で行われる八坂神社の牛頭天皇(ごずてんのう)を祀る行事です。起源は平安時代初期にさかのぼります。当時、京の都では疫病が流行していました。人々はその原因が恨みを現世に残して死んでいった人々の怨霊の祟りであると考えました。そこで神仏に祈りをささげて祟りを鎮める事を目的に、市中を練り歩く「御霊会〔ごりょうえ〕」を行いました。
祇園祭はこの行事の一つで、869年に行われた「祇園御霊会」が始まりであると考えられています。このお祭は、大阪の天神祭や東京の神田祭とともに、日本三大祭の一つに挙げられています。
約1100年も続く長い歴史と、毎年7月に行われ1ヶ月間にもわたる大規模な祭事である事で広く知られています。そして、祭のシンボルである豪華絢爛の鉾(ほこ)や山は、「山車(だし)」と呼ばれ、{鉾とは屋根に長い槍のような武器(鉾)を持ち、山は屋根に鉾の変わりに松の木を持っています。} これら山車の象徴である鉾や松の木には、疫病神が吸い込まれると信じられています。

放生会(ほうじょうえ)

放生会(ほうじょうえ)とは、捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める宗教儀式で、奈良時代より陰暦8月15日の八幡宮の祭りに催されました。これは、仏教の戒律である「殺生戒」を元とし、日本では神仏習合によって神道にも取り入れられました。そして、578年の放生以来、為政者や権門が放生会を営み、あるいは一般でも慈悲(じひ)行、災いの回避を目的として放生が行われ、石清水八幡宮、宇佐八幡宮の放生会は、戦乱で死者を出した罪の償いとして始められた歴史があります。
また、現在では収穫祭・感謝祭の意味も含めて、春または秋に全国の神社で盛大な「武者行列」や「やぶさめ」、「みこし渡御」が催されています。

お月見

古くから、旧暦の8月15日(現在の暦では9月)に月見の宴が行われてきました。この月見の風習は中国で始まり、その後、日本に伝わったものです。わが国では、9月の月を「仲秋(ちゅうしゅう)の名月」と呼び、また、この夜を「十五夜」と言います。
十五夜には、芒(すすき)を飾り、団子(だんご)、餅(もち)、里芋(さといも)などを供え、これらの供え物を子供たちが持ち去るのを喜ぶ風習も各地にありました。供え物の中心は、やはり団子で「月見団子」が有名です。芋を供えるのは、秋の収穫を祝うためであると考えられています。

重陽の節句(ちょうようのせっく)

「重陽」とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。陽(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。古代中国では菊は「翁草(おきなくさ)」「千代見草(ちよみくさ)」「齢草(よわいくさ)」と言われ、邪気を祓い長生きする効能があると信じられていました。

 その中国の影響を受けて日本では、8日の夜に菊に綿をかぶせ、9日に露で湿ったその綿で体を拭いて長寿を祈っていました。また、菊に関する歌合わせや菊を鑑賞する宴が催されていたそうです。

すすはらい

正月を迎えるにあたり、家の内外を掃除する行事で、今日では大掃除として年末の休みに入ってから行われています。 しかし、江戸時代では江戸城が12月13日にすす払いの日としていた為、民家でも多くが13日をすす払いの日としていました。現在でもこの日にすす払いをする地域はかなり多く、家の中のすす払いは多少後に送っても、形だけはこの日に行い、この日を正月の事始、正月の準備を始める日と考えていたようです。正月を迎えるというよりは、年神祭の準備のための信仰的な行事です。

冬至

冬至二十四節気の一つで、日本でもおなじみの冬至(とうじ)。大雪と小寒の間、毎年12月22日頃にやってくる、1年で最も夜が長い1日のことです。冬至と言うと、日本ではかぼちゃを食べたり柚子湯に入ったりする風習があります。
また、旧暦では最後の節気にあたるため、ぎんなん、れんこん、みかんなど、いろはの最後の「ん」のつく食べ物を食べると良いとも言われています。

大晦日

一年の最後の日を「大晦日(おおみそか)」または「大晦(おおつごもり)」とも言います。12月31日「大晦日」には一年の間に受けた罪や穢れ(けがれ)を祓うために、大祓い(おおはらえ)が宮中や全国の神社で執り行われます。
大晦日の行事は古く、平安時代頃から行われていたようです。本来、大晦日は歳神様を祀るための準備が行われる日でしたが、仏教の浸透とともに、除夜の鐘をつく習慣も生まれました。除夜の鐘の音は、人間の「百八つのよく」をのぞいてくれると言われています。その鐘の音を聞きながら、この年に感謝し、新しい年の幸せをお祈りします。
また、大晦日の風物詩である年越し蕎麦(としこしそば)は江戸時代頃から食べられるようになり、金箔職人が飛び散った金箔を集めるのに蕎麦粉を使ったことから、年越し蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないと言われていたようです。

このページのトップへ戻る