お祭りと行事
  • からくり綱火
  • 神社基礎知識
  • 命名・家相
  • 干支絵馬コンクール
  • 一言主神社ギャラリー
  • 月刊神道雑学・月刊神様紹介
  • 震災復興支援
  • 求人案内
  • リンク

祭礼案内

崇敬者対象のお祭り

月次祭
月次祭
毎月13日 午前9時より
月ごとの決まった日に行われるお祭りで、皇室の弥栄と国の繁栄、地域と氏子崇敬者の安寧を祈るお祭り。
当社では縁起にある“三岐の竹”が現れた13日という日を縁のある日と定め毎月の13日にこのお祭りを行っています。
参列は自由参加となっておりますので是非ご参加下さい。
ご参列された方にはこの日限定の月次祭大麻札をおわかちいたします。
元旦祭
元旦祭
1月1日
新年を迎える午前零時より夕刻まで新年祈祷を受け付けます。
春季祭
春季祭
4月13日
境内一杯に植木の露天が立ち並びます。境内で催される奉納和太鼓の演奏も必見です。
夏越祭
夏越祭
6月30日
夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)、名越(なごし)、六月祓(みなづきのはらえ)ともいい、夏の風物詩ともいえる日本古来の風習です。
まず参列者で大祓(おおはらえ)の詞を唱え、茅草(ちがや)で作られた輪の中を八の字に三回通ります。これにより正月からの半年間、私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに犯してしまった罪けがれを清め、又残り半年の無病息災を祈願し大きな力を得る大切な行事です。
古代宮中で旧暦6月・12月晦日に行われ、のちに民間に普及し、全国の神社で行われるようになりました。6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といい、特に6月の大祓は盛大に行われました。当社では「夏越祭(なごしさい)」と称します。
※夏越祭に参列された方には無料で茅の輪守が授与されます。
茅の輪~七夕へ
茅の輪~七夕へ
当社では夏越祭の後、この茅の輪に笹竹を立て七夕の飾り付けをし、皆さんが書いた沢山の短冊に茅の輪が彩られ七夕を迎えます。
※期間中は拝殿前に無料の短冊が用意されます。
からくり綱火
秋季例大祭
9月13日
例祭とは神社鎮座の日やご祭神に特に縁の深い日に行われるお祭りで、神社にとって最も重要なお祭りです。
夕刻より拝殿内での『獅子舞』にはじまり『からかさ万灯』県指定無形文化財でもある『からくり綱火』等、様々な奉納行事が行われます。
行事予定の詳細は例大祭前になりましたらトップページの新着情報よりご案内させていただきます。
綱火ページへリンク>>>
このページのトップへ戻る

神社で行うお祭り

歳旦祭
1月1日
新年を祝い皇室の弥栄と国の益々の発展を祈るとともに、氏子崇敬者と地域社会の平和と繁栄を祈り元旦に行われるお祭りです。
元始祭
1月3日
年頭にあたり天皇陛下の弥栄と国の益々の発展を祈るお祭りで、戦前は祭日の一つでした。
祈年祭
2月17日
皇室の弥栄と国家・国民の一年の安泰を祈るお祭りで、我々の主食である米(稲)の豊穣をはじめあらゆる産業の発展、国力の充実が祈られます。
紀元祭
2月11日
神武天皇が即位した建国の日に際して、皇室の繁栄と国の益々の発展を祈るお祭りです。
神嘗奉祝祭
10月17日
皇室のご祖先である天照大御神にその年の新穀を奉る神嘗祭が伊勢の神宮で行われるに際して、各神社で行う奉祝のお祭りです。
新嘗祭
12月13日
皇室の弥栄と国家・国民の安泰を祈り行われるお祭り。一年間の収穫や発展・充実を感謝するお祭り
天長祭
12月23日
天皇陛下のお誕生日に際して行われるお祭りで、奉祝の意を表すと共に、陛下の長寿と益々のご健康を祈るお祭りです。