お祭りと行事
  • からくり綱火
  • 神社基礎知識
  • 命名・家相
  • 干支絵馬コンクール
  • 一言主神社ギャラリー
  • 月刊神道雑学・月刊神様紹介
  • 震災復興支援
  • 求人案内
  • リンク

秋季例大祭 『例祭と奉祝祭』

秋季例大祭は、例祭と奉祝祭の2日で行われます。

例祭 (9月13日)

例祭例祭とは神社鎮座の日やご祭神に特に縁の深い日に行われるお祭りで、神社にとって最も重要なお祭りです。当社では旧暦8月13日の前後3日間で行われていましたが、大正4年に新暦9月13日の1日限りとなり現在に至っています。当時は俗に花火祭とも呼ばれ、天明2年(1782)の記録にも特殊花火行事で大賑わいしたとあります。

一言主大神は俗に恵比寿神とも称え、福の神、運の神、商売の神、農作の神縁結びの神、平和の神として称え奉り一般大衆の最も崇敬し篤く信仰するところであり、今も尚、9月13日の例祭にはその御利益を授かろうと県内は勿論、県外からも多くの参拝者が訪れます。

奉祝祭 (例祭近日中の別日)

奉祝祭奉祝祭は、例祭をお祝いして伝統芸能等が奉納されるお祭りです。9月13日の例祭に奉納されていた『からくり綱火』も、現在はこの奉祝祭に行われています。

毎年奉納される伝統芸能

【 練り込み〜御神楽・三番そう〜大万灯〜からくり綱火 】

一言主神社と言えばからくりと言われるほど、当社と最も縁の深い郷土芸能。からくり綱火とは、当社奉祝祭に奉納されるもので綱によるカラクリ人形と仕掛け花火が結合した特殊伝統芸能でその起源は江戸時代前期に他部落の三峯神社(明治42年境内に合祀)の御造営のさいに奉納されたのが初めとされその後総鎮守である当社に移行したものと云われています。現在、日本における綱火は伊奈町高岡小張とここ大塚戸の3ヶ所だけですが、当地はとくに変化物が多い事で知られています。終戦後一時中断されましたが、昭和44年「大塚戸芸能保存会」により復活し現在に受け継がれています。

平成11年には茨城県指定無形文化財に指定されました。

 

【 鬼剣舞~おにけんばい~ 】

岩手県北上市周辺に伝わる伝統芸能。多団体ある中、岩崎鬼剣舞始め4地区の鬼剣舞が国の重要無形文化財に指定されている。ご本社、奈良県葛城一言主神社が剣舞発祥の地と言う説が有ることから、毎年冬至の日に京都鬼剣舞の皆さんによって奉納される。 この一言主大神と剣舞の深いつながりを知り、当神社でもご本社同様京都鬼剣舞の皆さんに平成25年の奉祝祭よりご奉納頂いている。

鬼剣舞

 

 

このページのトップへ戻る