新着情報
  • からくり綱火
  • 神社基礎知識
  • 命名・家相
  • 干支絵馬コンクール
  • 一言主神社ギャラリー
  • 月刊神道雑学・月刊神様紹介
  • 震災復興支援
  • 求人案内
  • リンク

夏越祭 【なごしさい】 芽の輪くぐり

日時 : 6月30日(金)  午後5時より (雨天決行・無料)

夏越祭は参列自由です。参列希望の方はお時間までに茅の輪前にお集まり下さい。

夏越祭とは

夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)、名越(なごし)、六月祓(みなづきのはらえ)ともいい、夏の風物詩ともいえる日本古来の風習です。

まず参列者全員で大祓(おおはらえ)の詞を唱え、ついで列をなして茅の輪(ちのわ)をくぐり抜ける事により正月からの半年間、私たちが日常生活のなかで知らず知らずに犯してしまった罪けがれを清め、又残り半年の無病息災を祈願し大きな力を得る大切な行事です。 古代宮中で旧暦6月・12月晦日に行われ、のちに民間に普及し、全国の神社で行われるようになりました。

6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といい、特に6月の大祓は盛大に行われました。当社では「夏越祭(なごしさい)」と称します。

茅の輪(ちのわ)くぐり

夏越祭では多くの神社で「茅の輪くぐり」が行われます。

これは、茅(かや)で作られた輪の中を八の字に三回通って穢れを祓うものです。

茅の輪の由来は『備後国風土記』の蘇民将来(そみんしょうらい)の伝承によります。

善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、悪疫除去のしるしとして茅の輪を腰につけると免れることができる」といわれ、疫病から免れることができたという伝承です。

古より夏の暑さに耐えて疫病や災厄から免れるよう祈りを込めて茅の輪をくぐる習わしがあります。

人形(ひとがた) (初穂料100円)

知らず知らずのうちに犯してきた半年間の罪穢れを人の形を模した和紙「人形(ひとがた)」に移し、我が身の代わりに祓い清めてもらう為の物です。

茅の輪くぐり神事にて祓い清め、罪穢れとともに後日お焚き上げ致します。

 

茅の輪と人形は夏越祭当日の約1週間前より境内に設置しております。 当日ご参列になれない方は事前にご来社のうえ人形に穢れを移し、納め箱にお納めいただければ、夏越祭当日茅の輪くぐり神事にて祓い清めます。

 

ご参列の皆様には「茅の輪御守り」を授与いたします。ぜひ皆様お誘い合わせの上ご参拝下さい 。

夏越祭

このページのトップへ戻る